メニューを開く
メニューを閉じる
・学院案内
・理学療法学科
> 理学療法士とは > 学科カリキュラム > 臨床実習
・作業療法学科
> 作業療法士とは > 学科カリキュラム > 臨床実習
・サポート体制
> 国家試験対策 > 就職支援 > 学費支援 > 生活サポート
・CAMPUS LIFE
> 学校生活をのぞいてみよう! > 先輩たちの声
・入試情報
・オープンキャンパス
・オープンキャンパスお申し込み
・資料請求・お問い合わせ
・よくある質問
・在学生向けページ
・プライバシーポリシー
・採用ご担当者様へ

SUPPORT PROGRAM
国家試験対策

国家試験対策

グループワークを中心に、学生同士・教員間で疑問点を共有、解決しながら、
全員で合格を目指していく。これが当学院の学びのスタイル。
これは、先生と学生たちの団結力を生み、そのパワーが合格までの原動力となるのです。

めざすは、全員合格!
合格率を高める5つの学習プログラムを導入

PROGRAM

1

協同学習

〈3年次から実施〉

4~6人1グループを基本として、教員からの一方通行というスタイルではなく、国家試験問題に対してグループ内でわからない部分を調べたり教え合ったりすることで、知識を身につけていく学習スタイルです。

PROGRAM

2

小グループ学習

〈3年次から実施〉

クラス内を小グループに分け、1グループ1教員が担当。国家試験まで丁寧なサポートを実現します。

PROGRAM

3

校内・校外
模擬試験

〈3年次から実施〉

3年次から年間30回実施(昨年度実績)。校外模擬試験に関しては、返却された成績表により、1人ひとりに学習すべき分野のアドバイスを実施。試験後のフォローも万全です。

PROGRAM

4

リハビリ
テーション特論

〈4年次履修科目〉

4年次から国家試験対策が履修科目として組み込まれます。本学院が主体となり、国家試験出題範囲の専門基礎・専門分野を出題し、学生全員の理解向上を目指していきます。

PROGRAM

5

国家試験
対策講義

〈4年次から実施〉

学生より過去問題や模擬試験問題・参考書の内容に対する質問を集めて行われる解法・解説講義。
月2~3回実施。疑問点を共有しながら、学生全員の理解向上を目指していきます。
※国家試験に失敗した場合でも、次年度受験にむけたフォローアッププランがあります。

LINEはじめました

学校生活や入試などの最新情報をお届けします

LINEはじめました
PAGE TOP ▲