メニューを開く
メニューを閉じる
・学院案内
・理学療法学科
> 理学療法士とは > 学科カリキュラム > 臨床実習
・作業療法学科
> 作業療法士とは > 学科カリキュラム > 臨床実習
・サポート体制
> 国家試験対策 > 就職支援 > 学費支援 > 生活サポート
・CAMPUS LIFE
> 学校生活をのぞいてみよう! > 先輩たちの声
・入試情報
・オープンキャンパス
・オープンキャンパスお申し込み
・資料請求・お問い合わせ
・よくある質問
・在学生向けページ
・プライバシーポリシー
・採用ご担当者様へ

Physical Therapist
理学療法学科

理学療法学科

4年制(昼間) 40名(男女共学)

CLINICAL TRAINING

臨床実習で『実践力』をつける

臨床実習とは、実際に患者様と対面し、治療やコミュニケーションのとり方などを学ぶ実践授業です。
本学院は『実践力』を鍛えることも大切にしています。

STEP1
見学実習Ⅰ《2年次・1週間》

医療従事者としての姿勢や理学療法士としての資質養成と、医療機関・関連専門職の役割・分担を学ぶ。

STEP2
評価実習Ⅱ《3年次・5週》

治療対象者の疾患などの情報収集から理学療法計画の立案と専門職間でのチーム・アプローチ等を習得。

STEP3
総合実習Ⅲ《4年次・8週間》
総合実習Ⅳ《4年次・8週間》

『治療対象者の情報収集~治療の実施~記録・報告』という一連の理学療法過程を習得する。
習得過程で自分の課題を見つけながら、プロの理学療法士を目指します。

身につく実践力

ここが違う!当学院の臨床実習

実習施設の充実

SGグループ関連病院で行う「グループ実習」。
さらに、五戸町地域支援事業と提携し普段から地域の施設で実習経験
を積める環境が整い、臨床を肌で感じる機会が豊富です。

実技重点 取り組み講義

実習前に実技のスキルチェックを行い、
課題点を学生へフィードバック。
自分の課題点を明確にすることがステップアップの近道です。

臨床実習オリエンテーション

実習前に行われ、実習の心得・実習ノートや
レポートの書き方・健康管理方法など実習受講に必要な
様々なスキルを学びます。

臨床実習セミナー

実習後、各学生が担当した症例の報告会。
実習学年と実習前学年の学生が参加し、症例の対応方法や課題などを共有し、次の実習や臨床現場へ繋げます。

臨床実習は、先生たちも一緒になって、全力でサポートします!

  • 24時間の
    サポート体制

    携帯電話での実習相談対応。
    実習中の学生からの相談は、担当教員が携帯電話により24時間対応しています。

  • 専門別・
    個別実習相談

    運動療法・物理療法・義肢装具など種々の分野に特化した個別相談。
    各分野の担当教員が対応し、より専門的なアドバイス・指導を行います。

  • 実習地訪問

    実習期間中教員が実習地を訪問し、実習指導の方々と密な連携・学生情報の交換をし、学生の状況把握と助言・指導に努めています。

LINEはじめました

学校生活や入試などの最新情報をお届けします

LINEはじめました
PAGE TOP ▲