メニューを開く
メニューを閉じる
・学院案内
・理学療法学科
> 理学療法士とは > 学科カリキュラム > 臨床実習
・作業療法学科
> 作業療法士とは > 学科カリキュラム > 臨床実習
・サポート体制
> 国家試験対策 > 就職支援 > 学費支援 > 生活サポート
・CAMPUS LIFE
> 学校生活をのぞいてみよう! > 先輩たちの声
・入試情報
・オープンキャンパス
・オープンキャンパスお申し込み
・資料請求・お問い合わせ
・よくある質問
・在学生向けページ
・プライバシーポリシー
・採用ご担当者様へ

Physical Therapist
理学療法学科

理学療法学科

4年制(昼間) 40名(男女共学)

基本的動作能力を回復させる専門職〈理学療法士〉

病気やケガから日常生活が送れるように
身体を回復させる』それが理学療法士の仕事です。

身体に障がいのある方に対し、運動機能を回復させるとともに、自立した日常生活が送れるようアプローチする専門職です。実際には、基本的動作(座る、立つ、歩くなど)の回復を図る運動療法、日常生活動作練習、物理療法など科学的根拠に基づく理学療法を提供し、心身両面からサポートを行いながら生活の質向上を目指します。また超高齢社会を迎え、医療・保健・福祉の現場において地域リハビリテーションや障がい予防活動の重要性が増す中で、一翼を担うものとして期待される職種です。

作業療法士とここが違う!理学療法士のしごととは?

  • 『目的』

    基本動作の回復・維持・悪化予防。立つ・座るなどの基本動作ができるように、身体の基本的な機能回復をサポートすること。

  • 『内容』

    歩けるように、立てるように、座れるように、寝返りができるように。歩行、起き上がり、筋力強化、座位保持などのリハビリをサポートする。

  • 活躍する『働きの場』

    一般病院・総合病院、リハビリテーション施設、老人保健施設、スポーツ関連施設など

Point

理学療法士のなかには、アスリートやプロスポーツ選手など、「運動」を仕事としている人を対象に活躍する人もいます。筋肉の疲労をとったり、より機能的に筋肉が働けるようにコンディション調整をして、アスリートをサポートしていきます。

卒業生へインタビュー!

理学療法士

自生 福子さん〈 2013年度卒業 〉

勤務先

(公財)シルバーリハビリテーション協会
メディカルコート八戸西病院

お仕事の内容を教えてください。

八戸西病院は2・5・6階が一般病棟、3・4階が回復期病棟。ここはリハビリを集中的に行う病棟なんですね。私はこの春、回復期病棟から一般病棟に担当が変わったばかりです。回復期病棟はリハビリがメインなので、理学療法士1人で5人ほどの患者さんを担当し、深く関わっていくんですが、一般病棟では検査の合間にリハビリをすることになるので、そうはいきません。理学療法士1人で10人の患者さんを受け持つことになりますし、患者さん1人ひとりの都合に合わせてスケジュールを組み、調整するのもPTの大切な仕事になります。

理学療法士を目指したきっかけは?

母方の祖父が脳梗塞で倒れて麻痺が残ってしまって、それ以前のように話したり動いたりできなくなったんですね。笑顔もなくなってしまって。でもあるときリハビリを見たらすごく頑張っていて、何よりも、笑っていたんです。身体の機能だけじゃなく笑顔も取り戻せるってすごいなって、理学療法士に憧れるようになりました。

仕事の魅力は?

患者さんの回復が、日々、目に見えて分かること。たとえ言葉がはっきりと出てこなくても、身振りや表情で「ありがとう」と言ってもらえたときは本当にこの仕事を選んで良かったって思います。あるとき、重度の麻痺で全介助状態(援助者が介助しなければまったく生活できない状態)の患者さんがいらしたことがあって。80代の男性でした。医師からは歩行は難しいと言われていましたが、ご本人の希望は「歩いて自宅に帰る」こと。そこで一緒にリハビリを続けていたら、最後には杖と歩行介助があれば歩けるまでになったんです。ご希望通り歩いて退院される姿を見たときは、本当に嬉しかったですね。

学生生活で印象に残っていることは?

今思うとすごく先生に恵まれていたと思います。脳梗塞とか骨折、装具とか…。非常勤の先生も含め、それぞれ得意分野を持ったスペシャリストが集まっているから、どんな疑問も解決してくれて、とても勉強になりました。それから、学生のうちから患者さんを評価(理学療法評価=目標設定や治療選択を行うため障害の現状を把握すること)する機会が多いのもいいなと思います。

これからの目標は?

理学療法士は患者さんあっての仕事だと思うので、患者さんに必要とされる理学療法士を目指したい。コミュニケーションを大事にしたいです。コミュニケーションって言葉だけじゃないんですよね。表情や、仕草や、雰囲気や…。患者さんやご家族の話しやすい雰囲気を作ることも大事だと思うので、心がけていきたいです。

高校生の皆さんへメッセージを。

私は実は人見知り。でも、理学療法士の仕事ではそんなこと言っていられません(笑)。専門学校時代、テニス部での活動やグループワークで人前に出る機会がたくさんもらえて、おかげで自分を出すことに慣れてきたというか、鍛えられたと思います。勉強も仕事も、1人では解決できないことも、チームでなら答えが見つかったりするんですよね。辛いことがあっても、同僚や学生時代の同期、友だちが支えてくれます。だから高校生の皆さんも積極的に行動して、仲間をたくさん作ってほしいですね。

LINEはじめました

学校生活や入試などの最新情報をお届けします

LINEはじめました
PAGE TOP ▲